富久千代酒造 飯盛直喜さんの「鍋島」

いらっしゃいませ。
東京ローカルレストランsachi
支配人の竹内です。
サイトにお越しくださって、
ありがとうございます。

東京ローカルレストランsachi佐賀編に
登場する日本酒と杜氏さんの
ご紹介第2弾は
富久千代酒造の「鍋島」です。

富久千代酒造のある鹿島市は
酒米栽培に適した豊かな土壌に恵まれ、
多良岳山系からの良質な地下水がある、
酒造りが盛んな地。
江戸時代の宿場の雰囲気が残る
土蔵造りの町並みも美しいです。

富久千代酒造は
かつては「鍋島」ではなく
別の銘柄で量販店にも展開していたそうです。
しかし、価格競争などに巻き込まれ、
このままではいけないと意を決し
新ブランド「鍋島」を立ち上げたのが
杜氏を務める飯盛直喜さん。

村山シェフも試飲して唸っていました。当日のマリアージュが楽しみです。
村山シェフも試飲して唸っていました。当日のマリアージュが楽しみです。

地元の小売店さんたちと話し合い
地元の米と水で醸し出す
愛される地酒を目指し、
お米の力を信じ、味わいのある、
飲み飽きないシャープな
酒造りをされています。
2011年には世界最高権威と言われる
インターナショナルワインチャレンジで
最優秀賞に選ばれました。

なかなか「鍋島」ブランドが
浸透せず、苦しい時期があり、
ここまで行き着くまでには
様々なドラマがあったようですが、
書いていると本ができてしまいます。
というよりも、ノンフィクションの
「日本人のひたむきな生き方」
飯盛さんが登場していますので、
ぜひお読みいただきたいと思います。
素晴らしいお話です。

sachi当日は、
純米大吟醸 愛山
純米大吟醸 山田錦35%
大吟醸が登場します。
そして、飯盛さんも
ご参加いただけますので
こちらもお楽しみに。

これにてsachi佐賀編に登場する
日本酒と杜氏さんのご紹介は完了です。
ご覧いただきまして、
ありがとうございました。

東京ローカルレストランsachi
支配人 竹内せいじ

富久千代酒造さんは酒蔵もおしゃれ!試飲室もバーのような雰囲気です。ほかにも空いた蔵をギャラリーで貸し出したり、様々な取り組みをされています。
富久千代酒造さんは酒蔵もおしゃれ!試飲室もバーのような雰囲気です。ほかにも空いた蔵をギャラリーで貸し出したり、様々な取り組みをされています。

基山商店 小森賢一郎さんの「基峰鶴」

いらっしゃいませ。
東京ローカルレストランsachi
支配人の竹内です。
サイトにお越しくださって、
ありがとうございます。

東京ローカルレストランsachi佐賀編に
登場する日本酒と杜氏さんのご紹介を
していきたいと思います。

sachiでは食材に合わせて、
お酒もその地域のものを
ご提供させていただいております。

シェフやソムリエさんが
飲み比べをしてみて、
お料理との相性を考えていただき
飲み比べというスタイルで
ご提供しております。

今回は2蔵のお酒が登場しますが、
そのうちの1蔵を先にご紹介します。
主となる杜氏となって僅か2年という
短期間でここまでのお酒をつくるとは!
と評価も高い「基山商店」の
4代目小森賢一郎さんです。
2016年の
インターナショナルワインチャレンジ
大吟醸・吟醸の部でGOLDメダルを
受賞された実力の持ち主です。

佐賀県の東、基山町に基山商店さんはあり、
脊振山(せふりさん)系を主峰とする
基山から湧き出る伏流水を使って
酒造りをしていらっしゃいます。
ほどよい香りで、お米の味が活きた、
ボディのある食中酒です。

酒米は山田錦はもちろんのこと
麗峰というものを使用しています。
これが基山商店の酒造りに
ぴったりなのだとか。
酒蔵で飲ませていただきましたが、
本当にしっかりとお米の味がしました。
取材続きで少しお疲れだったシェフも
目が覚めていました!

今回は、基山商店さんの
銘柄である「基峰鶴」の中から
少し発泡感のある「REIKS」
そして「麗峰」の2種類が登場します。
そしてドルチェにも使われます。
楽しみにしておいてください!

お陰様で、10月1日(土)開催の
sachi佐賀編は満席となりましたが
引き続き、もう1蔵の酒蔵さんを
ご紹介していきたいと思います。

東京ローカルレストランsachi
支配人 竹内せいじ

より多くの人に日本酒を知ってもらい、楽しんでもらう場として古い酒蔵を改装し、ギャラリーにされています
より多くの人に日本酒を知ってもらい、楽しんでもらう場として古い酒蔵を改装し、ギャラリーにされています

佐賀県は、実は酒どころでした。

富久千代酒造の代表取締役 飯盛直喜さん
富久千代酒造の代表取締役 飯盛直喜さん

いらっしゃいませ。
東京ローカルレストランsachi支配人の竹内です。
サイトにお越しくださって、ありがとうございます。

当店では、佐賀の食材に合わせ、
お酒も佐賀県のものを
提供させていただきたいと思います。

佐賀県のある九州というと
焼酎のイメージがあると思いますが、
米どろこであり、美しい水が豊富ということで、
27の日本酒の酒蔵が佐賀県にはあります。

その中から、今回は2つの蔵をピックアップし、
提供させていただきます。
共にワインインターナショナルコンクールで
受賞した経歴を持つ、実力派です。

1つ目が佐賀の日本酒界の風雲児
富久千代酒造さん。
そして、引き継ぎわずか2年で
受賞までこぎつけた、基山商店さん。

シェフ自ら試飲し、
料理に合わせたペアリングを
お店のソムリエさんとも相談し、
提案させていただきます!

次回は、各酒蔵さんの日本酒のお話や
杜氏さんのお話をさせていただきます。

10月1日(土)12:30から開始の
sachi佐賀編のご応募は
↓こちらからお願いします。
http://sachi.tokyo-local.restaurant/application/?post_id=25
ぜひ、お越しください。
ご来店を心よりお待ちしております。

東京ローカルレストランsachi支配人 竹内せいじ

基山商店の若き杜氏である小森純一さん
基山商店の若き杜氏である小森純一さん