おおたに果樹園 大谷武久さんの「甘平」

いらっしゃいませ。
東京ローカルレストランsachi支配人の竹内です。
サイトにお越しくださって、ありがとうございます。

松山ローカルレストランsachiに登場する
食材と生産者さんを紹介もいよいよラストです。
トリでご紹介するのは「甘平」の生産者である
おおたに果樹園の大谷武久さんです。
まるで仙人のような姿をされておりますが、
とても素晴らしい生産者さんです!

急斜面にある大谷さんの果樹園。大谷さんは仙人よろしく、すいすいと登っていきます。
急斜面にある大谷さんの果樹園。大谷さんは仙人よろしく、すいすいと登っていきます。

大谷さんは有機肥料を使用した栽培をする世界では
知られた存在で、数々の賞も受賞されています。
土壌の分析をしっかりと行い、必要な栄養分を与える
有機農業を科学的に捉えるBLOF理論を実践。
味の良さはもちろん、安全でしかも収量も多くなる農法で
講演の依頼が来るほどの方なのです。

その場でもぎたてを食べさせていただきましたが感動の味でした!
その場でもぎたてを食べさせていただきましたが感動の味でした!

大谷さんは様々な柑橘を育てていらっしゃいますが、
今回は愛媛県の品種である「甘平」を使わせていただきます。
「甘平」は「西の香」に「ポンカン」を交配して生まれた柑橘で
皮が薄く、大粒でジューシー。
糖度が高く、酸味もありバランスが良いのが特徴です。

大谷さんが有機肥料でこだわって育てた「甘平」は
絶品ですのでぜひ楽しみにしておいてください。

東京ローカルレストランsachi支配人
竹内せいじ

今回は「甘平」に加えて、大谷さんが育てた人参も使わせていただきます。こちらも美味です。
今回は「甘平」に加えて、大谷さんが育てた人参も使わせていただきます。こちらも美味です。

大西水産 大西光さんの「福の鯛」

いらっしゃいませ。
東京ローカルレストランsachi支配人の竹内です。
サイトにお越しくださって、ありがとうございます。

お陰様で満席となりましたが、
引き続き松山ローカルレストランsachiに登場する
食材と生産者さんをご紹介していきます。

本日紹介するのは「福の鯛」。
愛媛県が誇る養殖魚「鯛」のご紹介です。
育てている大西水産さんがあるのは、
愛媛県最南端の愛南町は福浦湾。
透明度が高く、暖かな黒潮による豊かな海です。
「福の鯛」の福は福浦湾からきています。

キレイで穏やかな愛南町は福浦の海。鯛の養殖に適した環境です。
キレイで穏やかな愛南町は福浦の海。鯛の養殖に適した環境です。

その海でこだわりの餌を与え、
ストレスを減らすために密度を少なくし、
2年以上手間暇をかけて育てた「福の鯛」は
見た目が鮮やかで、身がプリッとしていて
魚臭さが少なく、魚らしい味がします。
出荷にもこだわり、神経抜きをして、
鮮度と味を保って出荷されています。

鮮やかで大きな福の鯛!とても立派に育っています。
鮮やかで大きな福の鯛!とても立派に育っています。

三代目となる大西光さんは
愛媛の海洋大学で学ばれ、大阪の市場で修行された、
後を継がれた水産会社のエリートさん!
日々、鯛のことを考え、新しい技術も取り入れながら
養殖のイメージを変えていきたい!地域を活性化させたい!
と努力をされています。
若き社長が一生懸命育てた鯛が愛南からやってきます。
どんな料理になるか楽しみにしておいてください。

東京ローカルレストランsachi
支配人 竹内せいじ

中島三和漁業協同組合 金子丈広さんの「松山ひじき」

いらっしゃいませ。
東京ローカルレストランsachi支配人の竹内です。
サイトにお越しくださって、ありがとうございます。
松山ローカルレストランsachiに登場する
食材と生産者さんをご紹介していきます。

本日ご紹介するのは「松山ひじき」です。
松山で海産物のイメージはあまりないかもしれませんが、
「松山ひじき」は全国に誇れる松山産の農林水産物、
まつやま農林水産物ブランドに認定されています。

主に松山の島しょ部で収穫される松山ひじき。
今回は産地のひとつである津和地島に
竹村店主と視察に行ってきました。

高速艇に乗り込む竹村店主。当日はなかなかの揺れでしたが料理のために向かいました!
高速艇に乗り込む竹村店主。当日はなかなかの揺れでしたが料理のために向かいました!

津和地島は人口350人ほどの半農半漁の島。
広島県、山口県、愛媛県の県境にあります。
松山市の高浜港から高速艇で約1時間ほど。
鯛やハマチ、そしてひじきの他に、
玉ねぎも有名な産地です。

津和地島をはじめ、潮の流れが速く
きれいな松山市沖の海で育ったひじきは、
芽と茎のバランスが良く、しゃきしゃきした食感が特長で
カルシウムや食物繊維を多く含んでいます。

津和地の海。流れが早く、キレイでよいひじきが育つ環境です。
津和地の海。流れが早く、キレイでよいひじきが育つ環境です。

ところでみなさん、ひじきは
どうやって生えているか分かりますか?
自分も知らなかったのですが、
岩にくっついて育っていき、
大きくなると背丈ぐらいになるそうです。
残念ながら収穫時期ではなかったので、
その風景は見られませんでしたが、
生産者の金子さんの軽トラに乗せてもらい、
島をぐるっと案内していただきました。

こちらが収穫して乾燥させたひじき。黒々として美味しいそうです。
こちらが収穫して乾燥させたひじき。黒々として美味しいそうです。

松山の海と生産者によって育まれたひじき。
和敬さんの料理の醍醐味のひとつでもある
御飯として登場しますのでお楽しみに!

3月19日(日)12:30から開始の
sachi松山編のご応募は
こちらの→「応募フォーム」からお願いします。
ご来店を心よりお待ちしております。

東京ローカルレストランsachi
支配人 竹内せいじ

ひじきを手に取る竹村店主。どんな料理にしようか真剣です。
ひじきを手に取る竹村店主。どんな料理にしようか真剣です。

坂本信子さんの「庄大根」

いらっしゃいませ。
東京ローカルレストランsachi支配人の竹内です。
サイトにお越しくださって、ありがとうございます。
松山ローカルレストランsachiに登場する
食材と生産者さんをご紹介していきます。

本日紹介するのは「庄大根」。
こちらは旧北条市、現在の松山市庄地区で
約150年以上も前から栽培されてきた大根です。
赤首できめが細かくて柔らかく、
甘味があって大型なのが特徴。
その美味しさから虫も好むようで
栽培も難しいとのことです。

庄地区は水分を多く含んだ豊かな土壌が広がり、
農業が盛んで古墳や薬師さんがあるなど文化も根付く土地。
そんな文化ともに伝え守られてきた庄大根ですが、
自然交配が進み、品種の特性が失われてしまい、
消失の危機だったそうです。

そこで、地元の農家の方たちが
県の農業試験場と協力し、
庄大根の品種を守る活動をスタート。
その中心メンバーとして活動しているのが
取材協力をしてくださった坂本信子さんです。

「珍しい大根を大切に守って伝えていければ」と
強い使命感を持って栽培をされています。
栽培にもこだわり、農薬や化学肥料をおさえた
エコ栽培で行っています。

漬けると桜色になってキレイなことから、
漬け物にして食べられることが多いようですが、
竹村店主は違った料理に仕上げてくださいます。
ぜひ楽しみにしておいてください。

3月19日(日)12:30から開始の
sachi松山編のご応募は
こちらの→「応募フォーム」からお願いします。
ご来店を心よりお待ちしております。

東京ローカルレストランsachi
支配人 竹内せいじ

坂本さん指導のもと、収穫を体験させてもらった竹村店主。
坂本さん指導のもと、収穫を体験させてもらった竹村店主。

松山・愛媛の持ち味やいかに

いらっしゃいませ。
東京ローカルレストランsachi支配人の竹内です。
サイトにお越しくださって、ありがとうございます。

こちらでは、当店のコンセプト、
お皿の向こう側にある
食材と食材の生産者さんの想いを
お伝えしたいと思います。

料理に使われている食材や
その食材を作った生産者の想いを知ることで、
きっと料理がもっと美味しく感じ、
そして、心が豊かになれるはずです。
ぜひ、食材と生産者の想いも一緒に
お召し上がりいただけると嬉しいです。

今回の松山ローカルレストランsachiでは、
5つの食材が登場します。
①松山ひじき
②庄大根
③甘平
④鬼北熟成きじ
⑤福の鯛

松山市を中心に、愛媛県全域の山の幸、
海の幸を揃えさせていだきます。
まつやま農林水産物ブランド認定の
「松山ひじき」をはじめ、
愛媛の品種である柑橘「甘平」、
伝統野菜の「庄大根」、
愛媛が誇る養殖魚である「鯛」、
昔ながらの食文化である「雉肉」など
個性的な食材が並びます。

松山はあまり食材のイメージが
ありませんでしたが、
色々との出会いがあり、
印象が変わりました。

次回からは、各食材の特徴と
生産者さんの想いを伝えていきますので、
ぜひ、またお越しください。

3月19日(日)12:30から開始の
松山ローカルレストランsachiのご応募は
こちらの→「応募フォーム」からお願いします。
ご来店を心よりお待ちしております。

東京ローカルレストランsachi
支配人 竹内せいじ

松山ひじきの産地である津和地島。松山市には複数の島が存在して、豊かな海産物があります。
松山ひじきの産地である津和地島。松山市には複数の島が存在して、豊かな海産物があります。