大西陶芸 大西先さん・白石久美さんの「砥部焼」

いらっしゃいませ。
東京ローカルレストランsachi支配人の竹内です。
サイトにお越しくださって、ありがとうございます。

本日は松山ローカルレストランsachiに登場する
器をご紹介させていただきます。
今回は料理にあわせて愛媛県の磁器である「砥部焼」を
オリジナルで作成。
竹村店主のアイデアを大西陶芸さんが
試行錯誤の上、作品にしてくださいました。

こちらは試作段階の器とお猪口。これからさらに試作を重ねて完成させました。
こちらは試作段階の器とお猪口。これからさらに試作を重ねて完成させました。

砥部は、奈良・平安時代から砥石の産地として知られ、
江戸時代に砥石屑を使って磁器をつくり出したという
歴史があるそうです。
厚手の白磁に、藍色の図柄が代表的な特徴です。
今回はその白と藍を活かした尾形乾山の写しがテーマです。

1階は大西陶芸製品の販売、2階はギャラリー・工房に加えて砥部で活躍する作家作品の販売を行っています。
1階は大西陶芸製品の販売、2階はギャラリー・工房に加えて砥部で活躍する作家作品の販売を行っています。

今回ご協力いただいた大西陶芸さんは昭和45年に創業。
「品位とモダン」が制作コンセプトで、親子3人で作品をつくられています。
親子3人それぞれのオリジナリティーあふれる作品を中心に、
伝統的な美術品・花瓶からアートフルな日用食器まで幅広く製作。
今回は先(はじめ)さんと、白石久美さんにご協力いただきました。

大西陶芸で見た作品からインスピレーションを膨らませた竹村店主。
大西陶芸で見た作品からインスピレーションを膨らませた竹村店主。

大西陶芸さんと竹村店主が、形や色の出し方などを試行錯誤し、
何度か試作を重ねて作り上げました。
当日は蒸し物で使用されますので、ぜひ注目していただきたいと思います。
また、日本酒も大西陶芸さんで作っていただきました、
砥部焼の丼をイメージしたお猪口でお楽しみいただきます!
ということで、松山ローカルレストランsachiは
器にも注目してお楽しみいただければと思います。

東京ローカルレストランsachi支配人
竹内せいじ

形を作るのは先(はじめ)さんがご担当。今回の特殊な形にも懸命に応えてくださいました。
形を作るのは先(はじめ)さんがご担当。今回の特殊な形にも懸命に応えてくださいました。

絵付け1級陶磁器技能士で絵付けを担当する白石さん。女性ならではの繊細な絵付けで応えていただきました。
絵付け1級陶磁器技能士で絵付けを担当する白石さん。女性ならではの繊細な絵付けで応えていただきました。

松山sachiの実施月になりました

いらっしゃいませ。
東京ローカルレストランsachi支配人の竹内です。
サイトにお越しくださって、ありがとうございます。

3月になりましたね。春が近づいてきております。
3月19日(日)12:30から愛媛県松山市の
和敬さんで実施の松山ローカルレストランsachiは
絶賛募集中ですので、ぜひご応募ください。

応募を迷っている方がいらっしゃいましたら、
ぜひ過去のsachiの様子が見られるlibraryをご覧ください。
下関編、そして佐賀編をアップしております。
今後もリニューアル前のものもアップしていきます。
「libraryはこちら」

それでは、皆様のご応募を
心よりお待ちしております。

3月19日(日)12:30から開始の
sachi松山編のご応募は
こちらの→「応募フォーム」からお願いします。
ご来店を心よりお待ちしております。

東京ローカルレストランsachi
支配人 竹内せいじ

松山ローカルレストランsachi募集開始です!

いらっしゃいませ。
東京ローカルレストランsachi
支配人の竹内です。
サイトにお越しくださって、
ありがとうございます。

松山ローカルレストランsachiの
募集を開始しました。
東京ではなく、産地での開催。
ぜひ旅行がてらお越しください。
そして愛媛県にお知り合いがいらっしゃれば、
ぜひご紹介してください。

松山市から船で2時間の島や
雪が降り積もる山奥で食材の
取材に行ってきましたので
よろしくお願いします!

そして、前回開催の下関編の様子も
アップしました!
ぜひご覧いただきまして、
雰囲気を感じていただければと思います。
「sachi下関編の様子はこちら」

それでは、皆様のご応募を
心よりお待ちしております。

3月19日(日)12:30から開始の
松山ローカルレストランsachiのご応募は
こちらの→「応募フォーム」からお願いします。
ご来店を心よりお待ちしております。

東京ローカルレストランsachi
支配人 竹内せいじ